読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うどん

大量のうどんを頂戴して早2週間が経過しようとしている。

 

おかげで来る日も来る日もうどん三昧。

 

f:id:daimasa3660:20170218180423j:plain

 

しかし、うどんは意外と延々と食えるものだと知った。元々うどんそのものに味つけされているわけではないから、自由に味を組み合わせることが出来るのが大きい。

 

出汁に浸かったうどんを食い、天ぷらを揚げて乗せて食い、残り物のカレーをかけて食い、ざるうどんにして食い、焼きうどんにして食い。こういった基本形をあらかた食い尽くしたところで、一度目の飽きが来る。

 

f:id:daimasa3660:20170218180433j:plain

 

なので、アレンジうどんを模索し始める。

 

クックパッドや料理好きの主婦の方がやっているブログを参考にしながら試してみたのが、お好み焼き風。一度茹で上げたうどんを溶いた小麦粉と少しの野菜と混ぜて、お好み焼きっぽく焼いて、七味をまぶしたぽん酢で食らうのだ。これはまあまあ旨かった。お好みソースで食っても旨かったが、どちらかというとぽん酢がおすすめ。

 

手軽に出来るのがナポリタン。茹でたうどんの上にレトルトソースをぶっかけるだけだからとても簡単。太めのパスタだと思えばいい。

 

それから、「おっ、旨い!」となったのが、あんかけ焼きうどん。

f:id:daimasa3660:20170218180427j:plain

 

軽く焦げ目を付ける程度に焼いたうどんの上にアツアツの野菜たっぷりの中華あんかけをかけたもの。ただなかなか冷めないので食べる時には用心が必要だ。俺はこのうどんを食っただけで口の中をたくさん火傷した。気をつけるべし。

 

ちなみに今日のうどんは、納豆をつかったうどん。ねばねば血液サラサラうどん。日頃の不摂生によってズタボロになった血管をいたわった逸品だ。まだ食ってないから味はわからない。「食ってから更新しろよ」という声は全然聞こえない。

 

以上うどんでした。